告白前に治しませんか?口周りのニキビ原因と治し方

告白したいけど、口周りにニキビがあるからフラれてしまうのでは? たとえ、付き合うことになっても口周りにニキビがあるからキスも嫌がられ、結局すぐにフラれてしまうのでは?

このようにニキビがあると、すぐに疑心暗鬼になってしまいますよね。

結局、ニキビがあるがために大事な思春期を無駄に過ごしてしまうという方も多いと思います。

しかし、正しい治し方と予防をすれば、早く治すことができ繰り返し出やすいニキビを防止することができます。これから告白をしようと考えている方であっても十分に間に合います。

そこで、本ページでは自分に自信がもてるニキビのない綺麗な顔にするために、口周りにニキビができる原因とその治し方についてまとめていきます。

是非、ニキビを解消し楽しい思春期を過ごしてください。

口周りのニキビ原因と治し方

口周りにニキビができる原因はたくさんあり、主なニキビ原因としては、次の様なものがいわれています。

ニキビを確実に早く治すためにはこれらの原因の内、自分がどれに該当するのかを知り、それに応じた治し方を行う必要があります。

世間で『口周りニキビはXXXが原因』と言われているからといってむやみにそれを行っても、自分が該当しない原因を頑張ってケアしてもいつまでたっても治りません。

自分が該当するニキビ原因をしっかり把握して、ケアしていくようにしましょう。

口周りのニキビ原因と対策1:ストレス

次の原因2でも記載しますが、ニキビの原因の一つにホルモンバランスの乱れがあります。このホルモンバランスが乱れることにより、肌のターンオーバーが抑止され古い角質が排出されず溜ってしまったり、皮脂が過剰分泌されるなどニキビができる原因となってしまいます。

よって、ニキビを治す方法としては、ホルモンバランスを正常に保つ必要があるのですが、原因1のストレスがホルモンバランスを乱す要因の一つとなります。

そのため過度のストレスは極力避けなければならないのですが、10代半ばから20代の思春期時代は受験や就職活動、新人社会人としてのプレッシャーなどでストレスがたまりやすい状況下にあります。ストレスを溜めないことも大切ですが、休日などでストレスを発散するすべを持っていることもとても重要です。

口周りのニキビ原因と対策2:ホルモンバランスの乱れ

原因1でも少し触れましたが、ホルモンバランスの乱れにより肌のターンオーバーが正常に機能せず古い角質が毛穴内に溜ってしまったり、皮脂が過剰分泌されるなど口周りにニキビができる原因となります。

ホルモンバランスが乱れる原因は様々です。

原因1で記載した「ストレス」や「睡眠不足」、「乱れた食生活」、「生理前」などがあります。ホルモンバランスが乱れていると思う人はまず、何が原因で乱れているのかを把握しそれに対して改善を行う様にしてください。

睡眠不足が原因なのに、世間では乱れた食生活が原因と言われているからといって食生活ばかり気にしていてもいっこうに口周りのニキビは治りません。正しい治し方を行う様にして下さいね。

口周りのニキビ原因と対策3:皮脂の過剰分泌

余分な皮脂は、通常毛穴を通って外部に排出されます。しかし、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に詰まる原因となります。

では、何故、皮脂が過剰に分泌されるのか?

これは、遺伝による体質という点もあるのですが、その他にも『油分の多い食生活』や『お菓子などの糖分の過剰摂取』、『ホルモンバランスの乱れ』などがあります。

遺伝子の体質に関しては簡単に改善できるものではありませんが、『油分の多い食生活』や『お菓子などの糖分の過剰摂取』などの食生活は誰にでもすぐに改善できるはずなので、もし、ここが原因となっている人はしっかり食生活を治していくようにしましょう。

ホルモンバランスが乱れる原因に関しては、原因2でも記述しているのでそちらを参考にして下さい。

口周りのニキビ原因と対策4:肌の乾燥

肌が乾燥すると、肌は肌の水分を少しでも外に逃がさないようにと角質の層を厚くしようとする働きをします。そして、厚くなった角質は毛穴を栓してしまう原因となります。

その結果、皮脂が毛穴から外に出られなくなり口周りにニキビができるのです。

よって、ニキビは夏場にできやすいと思っている方も多いかもしれませんが肌が乾燥しやすい冬場にもできる可能性が大いにあるのです。

では、肌が乾燥する原因は?

これもまた多くの要因があります。『遺伝による肌質』、『紫外線』、『空気の乾燥』など。ただ、これらは全て対策をすることができます。紫外線に関してはできる限り長時間当たらないようにすることと、紫外線防止クリームなどで防ぐようにしましょう。また、遺伝や空気乾燥などにより肌が乾燥しやすい方は、加湿器や保湿クリームなどで対策をすることができます。

ただ、保湿クリームを使う場合は注意が必要で、保湿クリームによって毛穴に栓をしてしまうと、皮脂が溜る原因にもなるので、ニキビケア用の保湿クリームをできる限り利用するようにしましょう。

口周りのニキビ原因と対策5:睡眠不足

睡眠不足により、ホルモンバランスが崩れ皮脂の過剰分泌が起きたり、古い角質を外に排出し新しいものに変えてくれるターンオーバーの働きを抑止する原因となります。

ターンオーバーは、夜22時~26時の4時間が活発に働くゴールデンタイム時間と言われていますが、できる限りこの時間は睡眠を確保したいところですね。ただ、この時間帯はまだ寝るのが厳しいという方も多いと思います。たとえ、ゴールデンタイム時間を逃しても睡眠時間中にターンオーバーは働くので睡眠時間は最低限確保するようにしましょう。

口周りのニキビ原因と対策6:遺伝による体質

両親の遺伝により、皮脂が過剰に分泌されやすい体質、皮脂が溜りやすい毛穴の形状、角質層が厚い肌質といったものがあります。しかし、これらはあくまでニキビができやすい体質というだけであり、ニキビができる原因ではありません。

親がニキビのできやすい体質だから自分もニキビができて仕方がないとあきらめる必要は全くありません。

正しい治し方と防止策をすることでニキビは確実に治ります。

口周りのニキビ原因と対策7:細菌の繁殖

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂を細菌が有毒な物質に変化させ、その結果、皮膚に炎症が起きニキビとなります。細菌自体は元々、人間の身体に住み着いており完全に除去することはできませんが、細菌の増殖を防ぎ、有毒物質の元となる毛穴に詰まった皮脂を常に取り除くことでニキビになり難い肌になります。

細菌の増殖を防ぐには、ニキビケア用品などでそういった物が売られているので、利用することである程度防ぐ事が可能です。

ただ、何度も書きますがニキビケア用品で細菌の増殖を防いでも、細菌が好む状況を作り続けている限りニキビは必ず繰り返し発生してしまいます。細菌の増殖防止だけではなく、皮脂や角質のケアも忘れないようにして下さい。

正しい治し方と言うのはある一面だけを見た対策ではなく、原因となるものを全て排除していくことです。

口周りのニキビ原因と対策8:毛穴の汚れ

毛穴の汚れは上記に記載してきた原因1~7のすべてに密接に関係しています。原因1~7の正しい治し方をすることで、この原因8の毛穴の汚れは防ぐ事ができます。

正しい治し方で口周りのニキビを治すと、彼氏、彼女に告白できる勇気がきっとできます。